Safety 防災

レーベン新小岩innovia = 災害備え × 環境共創 × 地域貢献

万一の災害時が想定された、太陽光発電による電気や充分に確保された飲料水などのさまざまな備え。
マンション住民はもとより、地域住民の方々への非常時支援を担っている。

あんしん1 [電気]

非常時対策として、太陽光発電の電気を蓄電池を介してマンション住民へ供給されるとともに、マンション外の地域の方々にも利用可能な設備が装備されています。ギャラリーガーデンにも2ヶ所の非常用コンセントが設置されています。
※場所や使用電力量など制限があります。

供給可能な電力量の目安
液晶テレビ:12時間/1台
携帯電話:197台/時間

※天候や使用状態により、太陽光発電量及び蓄電池電力量は大きく変わり、状況によっては電気機器使用が出来ない場合もあります。

あんしん2 [水]

海水の淡水化を目的に開発され、完璧な純水を必要とする医療現場や半導体製造工場でも使用されている、高分子逆浸透膜を採用した水ろ過システム「WELL UP」が装備されており、災害時に、地下ピット内に溜めた約80トンの水を利用して、安全な飲料水が供給できます。
マンション住民だけでなく、周辺地域にお住まいの方にも安全な飲料水を供給できる量の、1日最大15トンの飲料水(約4,800人分)の供給が可能となっています。

防災備蓄倉庫

敷地内には、地震などの災害の際に使用する防災用品が収納された防災備蓄倉庫が設置されています。万が一の時の備えに配慮されています。

かまどベンチ

ふだんは屋外用ベンチとして利用でき、災害時には内部に収納された「かまど」を取り外して、炊き出しかまどとして使用することができます。

非常用マンホールトイレ

災害時に敷地内のマンホールのフタを外して、マンホール枠に簡易トイレ(洋式便座)を設置するだけですぐに利用することができます。

AED(自動体外式除細動器)

突然の心停止(心室細動)に備えた心臓電気ショック器「AED」が1階の宅配ボックスに設置されています。

17人乗り非常用エレベーター

停電時でも非常用電源で一時的に運転できる17人乗りの非常用エレベーターが設置されています。
※非常時の使用には制限があります。

直結水栓

停電になった時でも、水圧だけで水道を利用できる直結水栓が共用部の「サルーンダイナー」に設置されています。災害時にも水道水の供給を可能にしています。
※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。